グルメ

ブラジルのお菓子は激甘?!7つの代表的なお菓子に挑戦

ゆっかむ
ゆっかむ
国際結婚をしてブラジル サンパウロ在住LAPAOブロガーのゆっかむです。

ブラジルで人気のお菓子を本日はご紹介します。よく見かけるけど、どんな味がするか想像できない・・そんなお菓子が海外では多いのではないでしょうか。

ブラジルでは見た目通り甘いお菓子が多いのですが、一度は試してみる価値がありのものも?!食わず嫌いはいけません。中には日本のお菓子にそっくりのものまで。

色々試してみたので、ぜひみなさんもチェックしてみてください。

この記事はこんな人におすすめ
  • ブラジルの伝統的なお菓子が知りたい
  • 海外のお菓子が知りたい

誕生日会で定番のお菓子【ブリガデイラ(Brigadeira)】

まず最初にご紹介するのは、ブリガデイラです。
「ブリガデイラ」は、コンデンスミルクを煮詰めて作るお菓子で、ブラジルを代表するお菓子です。味は、かなり甘いです。ブラジル人は誕生日会の際、ケーキと共に食べます。

お家でも簡単に作れますし、道で手作りのものを売っている人もよく見かけます!ブラジルに来たら、見逃せないお菓子ですね。

激甘だけど意外とはまる?!【コカダ(Cocada)】

続いて紹介するコカダは、ココナッツを砂糖やコンデンスミルクで和えて固めたもの。こちらもブリガデイラ同様、激甘です!でも、意外とハマります。

定番は、白色のココナッツ味ですが、カラメル味やフルーツ味のものもあります。パッションフルーツ味は酸味があって、甘すぎおいしかったです。

ブラジルのキャラメル ドーシ・デ・レイチ(Doce de leite)

Doce de leiteは直訳で、甘い牛乳という意味です。味は、お察しの通り甘いです(笑)

これは、液体タイプと固形タイプがあるんですが、液体のものは、はっきり言ってコンデンスミルクをなめているのと同じです。

固形の物は、粘り気のないキャラメルみたいな感じでした。私は、断然固形派です。歯の矯正でキャラメル食べられない方にもおすすめです。

ゴイアバダ・カスカオン(goiabada cascão)

ゴイアバダは、トロピカルフルーツのグァバのお菓子です。
こちらもまた、激甘なんですが、その中にグァバの食感や味が感じられます。

ドライフルーツのようなバナニーニャ(bananinha)

 

 

 

 

 

ゆっかむ
ゆっかむ
バナナを凝縮して固めたような濃厚なお菓子です。

これまでのお菓子同様、激甘・・・?!を想像していたんですが、こちらはあまり甘くありませんでした。
どちらかというと、ドライフルーツような味でした。食感もそんな感じでした。

ばら撒き用のお土産にもぴったり!パソキッタ(paço quita)

こちらは、コンデンスミルクや砂糖でなく、ピーナッツ味のお菓子です。味は、ピーナッツバターをギュっとして固めたようなお菓子です。

ピーナツ好きは絶対好き!ピーナッツ嫌いは絶対嫌いだと思います。一つ一つが小分けで梱包されているので、お土産にもおすすめです。

パソッキッタは、スーパーなどどこにでも売っているんですが、どちらかというとおばあちゃんちにあるようなお菓子です。(笑)日本でいうと、”かりんとう”とか”芋ケンピ”とかそういった感じでしょうか。

パッケージをよく見てみると、日本語で商品名や輸入会社が記載されているので、チェックしてみてください。面白いですよね。

見た目以上のおいしさ! ビスコイト・ジ・ポルビーニョ(Biscoito de Polvilho)

これ、見た目は全然美味しそうじゃないんですよね!(笑)それなのに、よく見かけるから、気になって買ってみました。道でもよく販売されています。

ゆっかむ
ゆっかむ
これは・・・おいしーい!!!

固めのキャベツ太郎のような食感に、チーザの味。意外と味が濃厚で、やめられないとまらない。かっぱえびせん現象起きました。見た目と裏腹過ぎて、びっくりです。

ブラジルには、このビスコイト・ジ・ポルビーニョみたいに見た目がそそられないお菓子もよく見かけるので、またトライしてみようと思います。

この記事を書いた人


ゆっかむ(Yukkamu)


1990年生まれ。カナダやオーストラリアなどで海外生活を経験し、2019年からブラジル人の夫と共に、サンパウロで生活を始めました。趣味は、旅行、エクササイズ、アウトドア。日々感じるブラジルでの発見や文化、観光スポットなどをブログで紹介しています。