グルメ

果物はスーパーで買ってはいけない?チリの買い物事情をご紹介。

この記事はこんな人におすすめ
  • チリの市場事情を知りたい
  • 野菜や果物を安く買うにはどこがおすすめ?
  • チリの物価は?
Tamako
Tamako
チリ・サンチャゴ在住・LAPAOブロガーのTamakoです。

(Santiagoは、サンチャゴ・サンチアゴ・サンティアゴなどと呼ばれています。)

夏真っ盛りの今、果物がおいしい季節になりました!

特に美味しいのがメロンとスイカです。
メロンは1つ1500ペソ(約280円)
スイカは半分で1900ペソ(約350円)

買い物の注意点

フルーツや野菜を買う点で1つ注意をしなければなりません!

Tamako
Tamako
それは・・『スーパーで購入してはいけないこと!』

スーパーでは、当たり外れがあるからです。
新鮮なものが売られている、フェリア(青空市場)もしくは常設市場で買いましょう。

本日は私が利用している市場についてご紹介します。

市場の種類について

チリには、いくつかの市場があります。

Tamako
Tamako
南米の中でもチリは、海鮮物が有名でサーモンの養殖生産量は世界第2位です。
市場の種類
  • feria(フェリア):定期的に各地で開催される青空市場でお野菜や果物が新鮮です。
  • Mercado(メルカド):常設の市場で、果物や野菜、魚介類、肉類、雑貨などなんでも販売されています。

チリ・santiagoのmercado(市場)で特に有名な市場は、
『Mercado la Vega(ベガ)』と『Mercado Central de Santiago(中央市場)』です。
この2つは車で5分程度と近くにあります。
毎日のように観光客や住民が訪れる、santiago市民の台所です。

Mercado la Vega(ベガ)

Mercado Central de Santiago(中央市場)

VEGA市場(ベガ)について


VEGA(ベガ) はスーパーよりも安く買うことができます。
玉ねぎ6コで1000ペソ(約170円)、にんにく5コで1000ペソ(約170円)など。

VEGAでこれまで買った野菜やフルーツはどれも美味しく、今のところハズレはありません!

水曜日が仕入れ日なので、木曜日、金曜日頃行くと新鮮な品が手に入るそうです。
さらに土曜日は人でごった返し、値段も平日より高めとか。

平日の朝一も飲食店関係者が買出しに来ているので、10時過ぎ頃行くのが良いようです。

市場内は治安面も心配なため、あまり写真は撮影できませんでした。
携帯電話は鞄の中にしまっておいた方がよさそうです。

市場でおすすめの商品

おすすめマヨネーズ


このマヨネーズは、日本のマヨネーズに味が近くてとても美味しいです。


こちらも美味しく、少し辛めのマヨネーズです。

よく利用するフェリア(青空市場)

また、常設市場とは別に私がよく行くフェリア(青空市場)はこちらです。
地下鉄Manquehue 駅から徒歩10分くらいのところにあります。

毎週水曜日、朝9:00頃から14:00位まで(正確な時間はわかりません…)開かれています。
他の地域のフェリアは土曜だったり曜日が異なります。

フェリアは現金のみ、高額紙幣20,000ペソ(約3,200円)などは断られるので、
注意しましょう。細かい紙幣を用意してください。

先ほど紹介した市場のベガはフェリア(青空市場)より安く品揃えも豊富ですが、
電車に乗って行かねばならず治安もあまり良くないため、気軽に行けるフェリアでも十分です。

市場に持っていくと便利なアイテム


また、市場に行くと安く沢山購入できるため、買い物カートを持っていくと大変便利です!
日本では少し抵抗があるかもしれませんが、チリでは皆さん使っています。

重たいスイカを担いではもって帰れないため、私も使っています!
チリ通を目指すなら、おすすめのアイテムです。

ぜひ市場をいろいろとチェックしてお得に買い物を楽しんでくださいね!

この記事を書いた人


Tamako (タマコ)
14年のOL生活を経て、2017年1月より3歳の息子と夫三人でチリ サンチャゴで生活中。趣味はサッカー観戦。夫婦揃って清水エスパルスの熱烈なサポーター。