南米ライフ

アンケート企画②<医療編> 海外の病院で困ったこと、歯の治療、薬の飲み方など

この記事はこんな人におすすめ
  • 海外での病院はどんな様子か知りたい
  • 海外と日本の医療面の違い
  • 海外で購入した薬はどのように飲んでいるか?

海外生活で一番困った!が多いのが、医療面ではないでしょうか。
南米の医療面の体験談をご紹介します。

お国が違えば、医療面の違いは当然の可能性も。
少しでも情報を知っていると、心構えができるかもしれません。

海外の病院での体験談

ひなこ
ひなこ
ブラジル・リオデジャネイロ

総合病院で専門医を紹介してもらいました。総合病院は、会社推奨の病院であったため、保険適用でその場で金銭を支払うことはありませんでした。
また、待ち時間も全くなく、とても早い対応をしてもらいました。保険書類も事前に病院にあったため、そこで記入をしました。
持ち物:パスポート、保険証、夫の名刺。

mika
mika
ブラジル・サンパウロ

内科<リベルダージのENKYO>
キレイな施設で日本語が話せる先生が対応してくれました。
(リベルダージは、ブラジルの東洋人街です)

ポペミ
ポペミ
ブラジル・ブラジリア
  • 婦人科
    私立の病院だったので初診料 約350レアル(10,500円)かかりました。
  • 整形外科
    手首骨折と、膝重度の打撲で無料の公共の病院にいきました。
    完治しリハビリするまで全て無料で行ってくれます。
なっちゃん
なっちゃん
ブラジル・サンパウロ
  • 産婦人科
    普段の検診に行く病院と産む病院が違います。検査も別のところに行く必要があります。
    日本より検診頻度が多く、毎回長いエコーがあるのは嬉しかったです。
    すぐに薬を飲ませたがる印象がありました。
    治療台は日本のように自動で上がり、エコー機は日本の病院の中でもハイレベルな機械でした。
  • 皮膚科
    シミ取りの相談と妊娠中の肌荒れについて診察していただきました。特に普通でした。
  • 小児科
    日本よりも細かいケアをしてくれます。完全予約制で待ち時間ゼロなのが嬉しいですが予防接種は、また違う施設に行かないといけません。
    予約時以外で熱が出たり、高い熱が出たりすると結局小児科では何もできないので、救急に行かないといけません。あとは離乳食の指導などはブラジル流です。
Niki
Niki
ブラジル・サンパウロ
  • 産婦人科
    診察台は自動化されているものを見たことがないです。(3ヶ所ほどの医療施設を利用したことがあるが一度も)。台は結構高さがあることが多く、羞恥心を棄てる必要があります。
  • 耳鼻科
    軽い扁桃炎のような症状(日本で何度も経験済み)が出た際は、事前にポルトガル語のメモ(日本ではいつも同じ症状の時に抗生物質を飲んでいたため、同じものを出してほしいという内容)を持参したらスムーズに対応してもらえました。
  • 全科共通の印象
    自分がかかったことのある施設では、どの医師も時間をかけて話を聞いてくれました。
    そのあたりは時間に追われている日本の病院よりも丁寧な印象があります。
    (※但し、現地人に紹介してもらった病院と4つ星以上のランクの病院しか受診経験がないので偏りはあるかもしれないです。)

治療についての希望も積極的に出せると感じます。
(意見を言うことで気分を害するプライドの高い医師には今のところ遭遇していないです。)
医療スタッフも明るくて親切なことが多く、ブラジル人のあたたかい気質がよく出ていると思います。また、婦人科などきめ細やかに対応してほしい病院は信頼できる人から紹介を受けるのが一番だと感じています。

女性の口コミ
女性の口コミ
ブラジル・サンパウロ

婦人科、皮膚科、耳鼻科、眼科、小児科に行きました。
耳鼻科:鼻うがいは日本と異なり食塩水で洗う方法を指導されました。
ブラジルの薬局へ行くと色々なタイプ(スプレーや点鼻など)の食塩水が販売されています。

ちさ
ちさ
ブラジル

病院によっては、ビル1棟まるまるが各個人病院になっている場合も。皮膚科・産婦人科など混在しています。病院には、毎回総合エントランスで外国人登録カードを持参しています。

また、同じオフィス内&内科でも、部屋ごとに先生が個人で患者を受け持っていて、日本のように他の担当医に代わることがありません。受付(秘書)も先生ごとに異なります。
※私が通った病院は全て個人病院、また保険に入っていないため、自費診療になります。

  • 皮膚科
    肌の発疹でいきました。待ち時間2時間~3時間かかったことがあります。
    病院は2件いきましたが、どちらもキレイで最新設備が整っていました。
  • 産婦人科
    3件通いましたが、どの病院も診察代は電動式・カーテンはありませんでした。膝にタオルをかけてもらいました。
Maki
Maki
アルゼンチン・メンドーサ

産婦人科:経膣エコーなし、母子手帳なし、子宮底長測定なし、尿検査なし、腹部エコーの性能は日本と同レベルでした。

fuyuko
fuyuko
エクアドル・キト

救急病院:高熱がでていきました。到着したら病状を聞かれて色付きの腕輪みたいなのを付けられました。色によって病状の重度さが分かれており、待ち時間もそれで決まります。

Tamako
Tamako
チリ・サンチャゴ
  • 小児科
    その日予約が取れる先生を選択しているので都度先生は変わりますが、
    どの先生も基本的に丁寧に見てくれ、都度体重や身長を測ってくれます。
  • 婦人科
    カーテンがないのでちょっと恥ずかしかったです。
  • 耳鼻科
    子供が受診。日本のように鼻水の吸引や耳垢の掃除などはしてくれない。
    日本にいる耳鼻科医によると耳鼻科医が一番多い国は日本だそうで、技術的にも日本が一番進んでいるそう。

 

歯医者での通院費用について

ひなこ
ひなこ
ブラジル・リオデジャネイロ

歯がかけてしまい、治療に行きました。歯科治療は保険適用外のため、自費で850レアル(25,500円)かかりました。
日本よりも、見た目の仕上がりにかなり力を入れているように感じました。

なっちゃん
なっちゃん
ブラジル・サンパウロ

初回は、レントゲンや歯型や器具代として、1,730レアル(53,000円)、
加えて、毎月440(13,200円)× 約12か月=合計16万円

完全予約制でした。歯科矯正で通いました。
日本では100万円以上かかると言われましたが、全部で30万円ぐらいでできました。

ちなみに途中でマタニティフォトを撮りたくて一度器具をすべて取ってもらいましたがお金は別途かかりませんでした(日本だとかかると思います)

ポペミ
ポペミ
ブラジル・ブラジリア
料金表
  • 歯の治療代(軽いもの):120レアル~180レアル(3,600~5,400円)
  • 神経の治療代(tratamento de canal):660レアル(19,800円)
    ※神経を抜きました。
  • クリーニング代:200レアル(6,000円)
  • レントゲン代(大人):150レアル(4,500円)
    レントゲン代(子供):500レアル(15,000円)
    ※歯の矯正前の料金

歯科矯正は2年間で5,500レアルでしたが、一括で払ったので4,900レアルに割引してもらい、日本円で14万以下で出来ました。(当時の為替は28円)。
日本だと同じ期間で100万はします。料金は、歯の矯正器具の装着・装置を外すお金・外した後の費用も全て込みです。

ちさ
ちさ
ブラジル

初診料は友人からの紹介のため、無料でした。
(ただチェックするだけですが、紹介がない場合は、5,000円必要でした。)
ホワイトニング1.5万円、クリーニング5,000円くらいでした。

Maki
Maki
アルゼンチン・メンドーサ

保険に加入しているため無料でした。

医療面で困ったこと

ひなこ
ひなこ
ブラジル・リオデジャネイロ

言葉の壁があると感じます。基本的に英語が話せる医者にしかかかっていないのですが、
お互い母国語でないため、意思疎通に時間がかかりました。

ポペミ
ポペミ
ブラジル・ブラジリア

特に困ったことはありません。待ち時間が長いとしても、公共病院の場合、無料だったら仕方ない、無料でやってもらえるだけ有難いと思って待ちました。
私立、個人病院のように高いお金出しても結局待たされることもあるからです。

女性の口コミ
女性の口コミ
ブラジル・サンパウロ
病院と検査機関の違いについて

娘が高熱が下がらず病院へ行きましたが、検査と治療は別の機関のため、
病院→検査機関→再び病院へ戻って診断してもらわなくてはなりませんでした。
病気の娘を連れて一日中動き回って大変でした。

支払いについて

小児科に初めて行った時、現金払いのみとは知らずカードしか持って行かなかったため、支払えず一瞬困りました。しかし、時間のある時に持ってきてくれれば良いよ?と軽い対応で助かりました。

手術について

日本語が通じない病院で手術することになったが、セカンドオピニオンのように他の医師に相談することが出来ず困りました。手術することが適切なのか分からず夜中も日本の医療情報(症状や治療方法、手術方法など)をネット検索していました。

薬の使い方について

抗生物質は自分で作らないといけない(粉末と液体を混合する)が、初めて処方された時はやり方を説明されておらず困りました。幸いネットに載っていたので出来ましたが、薬局で1日何回などの飲み方だけでなく、薬の調合方法も確認する必要があると思いました

fuyuko
fuyuko
エクアドル・キト

高熱を出して救急病院に行きました。処方された薬がすごく大きくて最初は飲んでいましたが、徐々にそれを見るだけ気分が悪くなりました。

Maki
Maki
アルゼンチン・メンドーサ

スペイン語しか通じない医師が多いです。
また、保険に加入していないと高額です。(診察を受けられない場合もありました)

Tamako
Tamako
チリ・サンチャゴ

お世話になっているClinica Alemanaは予約すれば待ち時間はほとんどありません。
先にお会計 → 診察 →  薬局で薬の購入の順番

薬は日本のように調剤してくれるわけではなく、箱ごと売られ処方箋通りに自分で分量を測って飲みます。医者の指示する量は日本人は強すぎるので、処方箋の半分にして飲んでいます。

 

海外引っ越し編はこちらからご覧ください!

アンケート企画①(引っ越し編)海外生活で持ってきて便利だったもの こんにちは、LAPAO編集担当のちさです。 今回は、ラパオブロガーのみなさんに現在の海外生活についてアンケートをとってみました...