南米ライフ

生活に役立つ!お掃除に・虫よけ・おすすめの日用品アイテム7選

この記事はこんな人におすすめ
  • ブラジルのおすすめ日用品が知りたい
  • 香りが弱めの柔軟剤が知りたい
  • おすすめの洗剤はどれ?
Niki
Niki
ブラジル サンパウロ在住・LAPAOブロガーのNikiです。

本日は私が使っている日用品リストについてご紹介します。

ほんのり香る赤ちゃん服にも使える柔軟剤

メーカー:casakm
Vida Macia 1L、500ml

私がブラジルで愛用中の柔軟剤は、casakmの柔軟剤です。
ポルトガル語で柔軟剤は、「amaciante de roupas」と言います。
日本でも人気のDowny(ダウニー)も販売されています。

Niki
Niki
大人用の柔軟剤の香りはわたしには強かったので、赤ちゃん衣類用からチョイス。

香りは、カモミールとラベンダーの2つあります。
casakmには、他にも洗濯洗剤、食器洗剤など沢山の種類の洗剤がそろいます。

排水口掃除に役立つお掃除アイテム


いわゆるパイプユニッシュ的なもので使用しているのはこちら。
水まわりの配管のにおいが気になったので何度か使用しています。
粉タイプと液体タイプがあります。

また、聞くところによると、ブラジルのパイプは脆いので熱湯を注ぐのは良くないそうです。来た当初は何も知らずにバンバン熱湯を注いでしまっていました。
幸いにも特に何も起こらなかったのでよかったです。みなさんもお気をつけください。

月に1度のお掃除に!洗濯槽クリーナー


洗濯槽クリーナーはこちら。
ひと月に一度の使用で洗濯槽をキレイに保てます。
スーパーの洗濯用洗剤コーナーに置いてあることが多いです。

食品・お掃除用の重曹の種類


重曹はポルトガル語で、「Bicarbonato de Sódio」と言います。
画像の左はお掃除用(薬局で買える)
右は食品用(主にスーパーのスパイス売り場に置かれていることが多い)です。
どちらも少量タイプで、販売されています。

ブラジルでは必須アイテム!虫よけグッズ

蚊が媒介する病気が問題になりやすいブラジルでは虫よけアイテムの使用が必須です。
愛用中の蚊除けはこちらの2アイテム。

左は部屋用でコンセントに挿して使うタイプで、国内旅行の際も必ず持参しています。
右は蚊除けローションで、他にもスプレータイプもあります。

蚊の多い場所へ行った際、これを使用してたところ、一度も刺されなかったので
とても信頼しているアイテムです。どこのスーパーでも入手できて便利です。

ウォシュレット代わりにぴったりのトイレアイテム

ブラジルは基本的にお手洗いに紙を流せない国のひとつです。
ウォシュレット機能などもないため、ブラジルで暮らし始めてからは
赤ちゃん用ウェットワイプを愛用中です。

いくつか試した結果、無香料の黄色いパッケージのハギーズに落ち着いています。
モニカ(ブラジルの国民的アニメ)の絵がついている、とってもキュートなデザインです。

紙製品が高いブラジルでおすすめの箱ティッシュ


ブラジルでは、とても紙製品が高いです。
箱のティッシュペーパーであれば日本の数倍の価格で販売されているため、
日本と同じ感覚では、気軽には購入できない&使用できません。

箱ティッシュ > キッチンペーパー > トイレットペーパーの順に安いため、
トイレットペーパーに自作のカバーをかけて、食卓で使用している家庭も。

Niki
Niki
色々試した結果、価格が安く原料臭も強くないカルフールオリジナルのものを愛用中。

(カリフールは、ウォルマートと並ぶ、ブラジルでは比較的安いスーパーとして人気です)

ただし、薄い素材のため、何度もしつこく使ってしまうと、
モロモロになるのでそこは注意が必要です。

 

 

【この記事を書いた人】

Niki(ニキ)
1982年生まれ。夫の転勤にともない2016年よりサンパウロで暮らし始める。
南米カルチャーの中でも、特に心惹かれているのが独特の色彩感あふれる
ファッションやアート、民芸品。ここでしか手に入らないものを見つけるために、日々情報収集中。お気に入りスポットはMASP(サンパウロ美術館)と映画館。LAPAOブログ記事一覧