グルメ

海外でも簡単にパンづくり『おうちパン』(講座も随時開催中)

この記事はこんな人におすすめ

  • 海外でも美味しいパンが食べたい
  • 家で簡単にパンづくりをしてみたい
  • ブラジルでパンづくり講座を受けてみたい
Eruha
Eruha
サンパウロ在住「おうちパン」教室開催中・LAPAOブロガーのEruhaです。

海外にいると日本で食べ慣れたパンと違いを感じることはありませんか?
もう少しふっくら感が欲しい、ぱさぱさしている・・など

自分で作れたらどんなに簡単だろう・・・
でもレッスンに行くには言葉の壁もあるし、近くに習うところもない。
子育て中で近くに習うところもなく、外出も難しい。

そんな方に家で簡単にパンづくりができる「おうちパン」はとっても簡単!
冷蔵庫で8時間寝かせたら、焼きたい時に焼くだけ!朝でも夜でもいつでも焼けます。
例えば、寝る前に発酵させておくと朝にぱっと焼けるので、朝食にもぴったり♡

現在、パンづくり講座を開催しています。
講座内容と、レッスンの様子についてご紹介いたしますね。

「おうちパン」とは?

病院管理栄養士の資格を持っている私。

Eruha
Eruha
「おうちパンマスター」の資格を持ち、
ブラジル・サンパウロの自宅で教室を開催しています。

おうちパンとは、吉永麻衣子先生が考案された、
忙しいママでも毎日焼ける手作りパンです。

一見、難しいと思われがちな手作りパンですが、
だれでも気軽に挑戦できる、身近なものにしてもらいたいという想いで、
開講されたそうです。簡単なのに、とっても美味しいんです!

ブラジルではなかなかおいしいパンに出会うことが少ないため、
ぜひ自宅でパンづくりに挑戦していただきたいと思います。

「おうちパンマスター」の資格は、通信講座または認定教室で取得することができます。
詳細はこちらから。

おうちパン教室開催中!


私の自宅で行っている『おうちパン』講座についてご紹介します。
2時間のレッスンでは、2品作ることができます。

【おうちパン講座メニュー表】


講座内では下記メニューの中から2品作ります。
【大人向けメニュー】
~スティックパン~
ミルクスティックパン
②チョコスティックパン
③メロンスティックパン

~ドデカパン~
①ドデカフォカッチャ
②ゴマチーズドデカパン
③ドデカシュトレン

~フライパンパン~
①基本のフライパンパン
②チーズパン
③チョコフライパンパン

~切りっぱなしパン~
①クランベリーチョコパン
②コーンパン

【子供向けメニュー】
①基本のフライパンパン(具入り)
②スティックパン1種
③ドデカフォカッチャピザ風

おうちパンレッスンの様子をご紹介

おうちパンレッスン内容は毎回異なりますが、一例をご紹介します。
今回開催した内容は下記の通り。

対象:大人4名
時間:10時~12時(13時半までフリータイム)
メニュー:ドデカフォカッチャ 、ゴマチーズドデカパン
試食メニュー: ドデカシュトレン

Eruha
Eruha
赤ちゃんと一緒に参加も可能です。

日本人の方向けには、ブラジルで購入できる小麦粉でも、
簡単に美味しく焼けることをお伝えすることが一番の目的です!

私が普段使っているお勧めの小麦粉についてご紹介しています。

Eruha
Eruha
ブラジルで手に入る小麦粉の種類に関しては、強力粉・中力粉など徹底分析しました

http://lapaolapao.com/trigo/

また、ガスオーブンの使い方も重要なため、しっかりと事前に説明をします。
まず、不安定な点火の元、広い庫内をしっかり温めるために、
予熱時間をしっかり15分とりました。

用具がなくても簡単にできるパンづくり!


まず作ったパンは「ドデカフォカッチャ」
生地の混ぜた感じが、トロロみたいと参加された方は、とても楽しそうに混ぜていました。

Eruha
Eruha
赤ちゃん抱っこしながらでも、楽々にぐるぐる混ぜられます。

ドデカフォカッチャは発酵の際、形を整えるため四角いタッパーに入れておきます。
通常のパンは手でこねて丸める必要がありますが、
おうちパンは容器に入れるだけ。とっても簡単なんです。

また、四角い容器の方が長方形のフォカッチャに成型しやすいのですが、
丸いタッパーで参加されていた方もいました。

しかしご安心ください!
四角い容器がなくてもとっても綺麗に美味しく仕上がります!
のちほど完成写真をご紹介しますね。

田植えのように楽しいパン成形


発酵を終えたパンを容器から取り出して伸ばします。
パンの上に乗せるローズマリーを田植えのように刺す
焼いている間に落ちないと説明をしたところ、
参加者のみなさんは、本気の田植えを楽しく行ってくれました。

Eruha
Eruha
まさに日本のこころ!お見事です!


続いて、ゴマチーズドテカパンも作りました。
作り方は、先ほどのドデカフォカッチャと同じ生地に
黒ゴマを混ぜ、チーズをのせるだけです。

完成!


ガスオーブンでまず15分焼成後、様子見ながら焼き時間延長して完成しました。
左が、ゴマチーズドテカパン、右がドデカフォカッチャです。


また、こちらは先ほどの丸いタッパーで発酵を行った方の仕上がりです。
四角い容器がなくても素晴らしい焼き上がりになり感動しました。

しかもスケッパーがなく、ゴムベラで容器から取り出したとか。
指定の道具が無くても美味しく焼け、私も今度挑戦してみたいと思います。

そのほか、ドデカシュトレンは試食としてみなさんで美味しくいただきました。

Eruha
Eruha
引き続き、パン講座や私のおすすめレストラン、サンパウロ・ベロオリゾンチ生活についてご紹介していきたいと思います。

 

【この記事を書いた人】

Eruha(エルハ)
2016年よりサンパウロで駐在生活スタート!
その後1年程ミナスジェライス州暮らしとなるが、再びサンパウロへ転勤となる。病院管理栄養士として10年勤務後、現在は企業様向けオンライン健康サポートを実施。趣味はパン作り。自宅でおうちパン教室開催中。食調査が大好きです!ブログ・ホームページはこちら
ブラジル生活レポート~em São Paulo novamente~
おうちパン教室『Pão da casa*Eruha』
EruhaのLAPAOブログ記事一覧