旅行

パタゴニアのベストシーズンはいつ?~旅行先での服装と持ち物編~

この記事はこんな人におすすめ
  • パタゴニアってどんなところ?
  • パタゴニアのベストシーズンはいつ?
  • 子連れ旅行はどうだった?
  • 準備しておくと良いもの、服装は?
ちさ
ちさ
LAPAO編集担当&ブロガーのちさです。

今日は今がベストシーズンのパタゴニア旅行についてご紹介したいと思います。

南米在住のLAPAOブロガーは、現在9名在籍していますが、
なんと!そのうち4名の方がブラジル・アルゼンチン・チリからパタゴニア旅行をされていました。

沢山のブロガーさんたちがどんなご旅行をされたのか、
みなさんの体験記を数回にわたり、まとめて行きたいと思います。

今回は体験記第1弾として・・・

パタゴニアとは?どこにあるの?
ベストシーズンはいつ?
服装や持っていくと良いものをご紹介!

 

レポートメンバー
ひなこ
ひなこ
ブラジル リオデジャネイロ在住臨床心理士・LAPAOブロガーのひなこです。
Eruha
Eruha
ブラジル サンパウロで「おうちパン」教室開催中・LAPAOブロガーのEruhaです。
Maki
Maki
アルゼンチン メンドーサ在住駐在妻・LAPAOブロガーのMakiです。
Tamako
Tamako
チリ・サンチャゴ在住・LAPAOブロガーのTamakoです。

子連れ旅行にもおすすめのスポットのようです。
4人中3名の方がお子さんと一緒にパタゴニアに旅行しています。
南米に住む日本人の方に大人気スポットです。

ちさ
ちさ
私はパタゴニアに行ったことがないですが、いつか行ってみたいので、これからご旅行に行かれる方は、ぜひ必見です!

パタゴニアってどこ?どんなところ?

パタゴニアというとアウトドア高級スポーツブランドが有名だと思いますが、
パタゴニアは、アルゼンチンとチリの南米南端にまたがる広大な地域を呼びます。

その距離は1665kmと日本の3倍の広さにも渡り、
フィヨルド、キラキラと青く輝く氷河、美しい山々やコバルトブルー湖などの大自然が広がります。

とくにパタゴニアと言えば!と呼ばれる人気スポットの『ペリト・モレノ氷河』が海に落ちるシーンは絶景と言われています。また、氷河トレッキングも人気です。

パタゴニアのベストシーズンは?

南米最南端にあるパタゴニアは、北半球とは真逆の季節になります。
11月~3月が観光シーズンですが、特に12月~2月が日照時間も長く、
ベストシーズンと言われているそうです。

ただ最近は地球温暖化の影響でオフシーズンも観光できると言われています。
その中でも一番人気のペリトモレノ氷河は1年中観光ができ、
他の場所も観光が出来る時期が長くなっているそうです。

気温や服装は?

12月~3月の夏季は、最高気温が10~15℃、最低気温は5℃になるそうで、
日中は過ごしやすいそうです。

日中と夜朝の寒暖の差が激しいため、脱ぎ着ができる服装がおすすめです。
また、風が強いため、ウィンドブレーカーなど風を通さない洋服も持参しましょう。
また、靴はスニーカー等でOKで、氷河トレッキングをする場合も同じで大丈夫だそうです。

ちさ
ちさ
旅行に行かれた方のブログを見ていると、ベストシーズンでもとにかく寒かった!という感想が多かったです。暖かくして行かれることをおすすめします。

氷河トレッキングと山登りでの服装 ~Hinako編~

ひなこ
ひなこ
私は夫婦2人で山登りと氷河トレッキングツアーに参加しました!そのときの天候と服装情報はこちら!
山登り編
2018/11/17 晴れ

最高気温17度 最低気温5度

寒がりの服装

上:Tシャツ+トレーナー+ライトダウン
下:ヨガスパッツ+ショートパンツ

暑がりの服装

上:デニムジャケット+ウィンドブレーカー
下:靴下+ジーンズ

山の上は風が強いため体感温度10度以下。
正直、寒かったです笑い泣き
(暑がりの夫はダウンがあったらベストとのこと)

風が強く寒いので、帽子があると便利かなと思いました。

氷河トレッキング編
2018/11/18 晴れ

最高気温18度  最低気温4度

寒がりの服装

上:ヒートテック+パーカー+ライトダウン
+レインコート+ネックウォーマー+手袋
下:ヒートテック+ジーパン
靴: スノーブーツ
※スノーブーツは、失敗でした。
できればトレッキングシューズがいいと思います。
スニーカーの人もいましたが気温によっては少し濡れそうでした。

暑がり服装

上:ヒートテック+パーカー+ライトダウン
+ネックウォーマー+手袋
下:長い靴下+ジーパン
靴:ワークブーツ

※手袋必須です!
トレッキング手前で軍手の貸し出しもありました◎
街中でも安いものもありました◎

 

子連れ旅行に持参した準備物 ~eruha編~

Eruha
Eruha
私の体験談と持ち物リストはこちらです。

雨は降らないことが多いとネットに記載されていましたが、
私が行ったときは寒く、雨はよく降り、強風でした。

また、防寒雨具対策は必須です!
娘は日本から持参したスキーウェアを着用しました。
娘も私もホッカイロを背中に付けたので、しっかり防寒でき、風邪を引かずに済みました。
因みに、ホッカイロは期限切れのものでしたが、普通に使えました。

持って行ってよかったものリスト

上記以外:帽子、スパッツ、ヒートテック、ダウンコート、スキーウェア、レインコート、傘
※傘はトレッキング中は使用NG(風が強いため)ですが、
ホテルからレストランに移動するときなどによく使用しました。

4月末に参加したパタゴニアでの服装 ~Maki編~

Maki
Maki
私たちは4月末に行ったので、朝晩や船の上はかなり冷えました。

1日かけて船でLago Argentino の4つの氷河を回るというツアーに参加しましたが、
息子は甲板の上は寒いし風も強いしで号泣でした。。

逆に昼間は日差しも強くかなり暖かくなります。
展望台ハイキングでは、軽いウィンドブレーカー1枚で大丈夫でした。

ダウンを持って行っていつでも脱ぎ着できるようにしておくといいと思います。

悪天候の中歩いたパタゴニア ~Tamako編~

Tamako
Tamako
アルゼンチン・パタゴニアでは天候も良く、服装も暖かくして参加しました。

しかし、チリのパタゴニアにあるグレイ氷河を見るクルーズツアーに参加したときのこと、
途中ホテルからクルーズ船の船着き場までの30分の道のりを悪天候の中歩かなければなりませんでした。

途中、雨が降ってきたため、かっぱを装着しましたが、
悪天候になり、強風が吹きすさぶ中、かっぱは意味もなくびしょぬれになってしまいました。まるで台風の中を歩いているような感覚でした!

他の観光客を見るとアウトドアに慣れているバックパッカーの方が多く、
ゴアテックスのウエアを上下に着ていました。

ちさ
ちさ
パタゴニアは風が強いと書かれている方も多かったので、レインスーツや撥水加工のウェアなどを準備してもよいかもしれませんね!

いかがでしたか?パタゴニアは南極も近いので、寒さ対策が必要そうですね。
次回は南米各国からパタゴニアの旅行日程についてご紹介いたします!

パタゴニア旅行には何日間必要?パタゴニアへの飛行ルートも紹介! 前回のパタゴニア旅行の持ち物編に続き、 今回は南米各国(ブラジル・アルゼンチン・チリ)それぞれの街からの パタゴニア...
【この記事を書いた人】

ひなこ(hinako)
リオデジャネイロ在住、駐在妻。新婚生活一年目からブラジルに住む。
趣味はヨガ。臨床心理士の資格を持ち、教育現場(小学校から高校)での
相談実績多数あり。現在もリオデジャネイロで専門分野を生かして活動中。ブログはこちら
Amebaブログ「Hinaのブラジル日記 ~リオとヨガと時々心理学」
ひなこのLAPAOブログ記事一覧

Eruha(エルハ)
2016年よりサンパウロで駐在生活スタート!
その後1年程ミナスジェライス州暮らしとなるが、再びサンパウロへ転勤となる。病院管理栄養士として10年勤務後、現在は企業様向けオンライン健康サポートを実施。趣味はパン作り。自宅でおうちパン教室開催中。食調査が大好きです!ブログ・ホームページはこちら
ブラジル生活レポート~em Sao Paulo novamente~
おうちパン教室『Pao da casa*Eruha』
EruhaのLAPAOブログ記事一覧

Maki(マキ)
メンドーサ在住の駐在妻。1歳の子どもの子育て奮闘中。
趣味は美味しいものを食べること、お酒を嗜むこと。
休日はワイナリー巡りをしながら家族でゆっくり過ごし、メンドーサ生活を満喫中。ブログはこちら
地球の裏側アルゼンチン・メンドーサで子育て
MakiのLAPAOブログ記事一覧

Tamako (タマコ)
14年のOL生活を経て、2017年1月より3歳の息子と夫三人でチリ サンチャゴで生活中。
趣味はサッカー観戦。夫婦揃って清水エスパルスの熱烈なサポーター。ブログはこちら
Donde Nande チリ?
tamakoのLAPAOブログ記事一覧