南米ライフ

チリ人ってどんな人?チリでの子育て事情

この記事はこんな人におすすめ
  • チリの首都Santiagoについて知りたい
  • チリ人ってどんな人?
  • チリでの子育てについて
Tamako
Tamako
チリ・サンチャゴ在住・LAPAOブロガーのTamakoです。

14年のOL生活を経て、2017年1月より3歳の息子と夫三人で
チリの首都Santiagoで生活しています。趣味はサッカー観戦です。
(Santiagoの発音は、サンチャゴ・サンチアゴ・サンティアゴなどと呼ばれています。)

チリの公用語はスペイン語で、週に数回レッスンを受けています。
本日は、私のチリ生活についてご紹介したいと思います。

あくまで南米の近隣国との比較ですが、チリ・Santiagoは治安がいい方です。
もちろんスリや強盗などは日本より多く、気の引き締め度は日本より高いですが、
子どもを連れて自由に出歩けるのはとてもありがたいです。

チリの気候について

Tamako
Tamako
チリは南半球のため、季節は日本と真逆です。しかししっかりと四季のある気候です。
  • 夏期間(12月~2月)
    夏は日が落ちるのが21時ととても遅いです。
    外が明るいため、子供の寝る時間も遅くなってしまいます。
    しかし朝は7時過ぎてようやく日が昇ります。
  • 冬期間( 6月~9月)
    朝は8時に日が昇り、幼稚園が始まる時間でもまだ外が薄暗いです。
    また、チリの冬はとても寒く、雨も多く降ります。
    空気も悪くなるため、大気汚染が問題になります。

レストランスーパー スーパー

  • スーパー
    物価の高いSantiagoですが、野菜、フルーツ、お肉は安いです。
    日本ではあまりフルーツを食べなかったのですが、チリでは、
    スイカ、メロン、ブドウが美味しく、よく食べています。
    また、チリは言わずと知れたワイン生産地。
    ワイナリーがいたるところにあり、とても美味しいワインが安く飲めます。
  • レストラン
    チリはレストランの開店時間も遅いです。
    ランチが早くて13時。14時がピーク、
    ディナーは20時スタートのため、子連れでの外食は難しいです。

公共機関

  • 地下鉄について
    地下鉄はどこで降車しても料金は一緒です。だいたい100円位です。
    地下鉄に乗って2時間以内であればバスも無料で乗れちゃいます
    (正確にはほんの少し5円くらい?引かれるようですが)
    地下鉄は夜遅い時間とかでなければ比較的安全です。子ども連れで乗っても大丈夫です。
  • 車の運転について
    チリ人は運転が荒く、みんなクラクションを鳴らすことも。
    運転には注意が必要です。最近は、運転にも慣れてきました。

子育てがしやすい環境

Tamako
Tamako
チリ人は本当に子どもに優しく、大変子育てがしやすいです。
私が感じたチリでの子育てのしやすさをご紹介します。
  • レジでの順番待ち
    息子を連れているとチリ人に話しかけられることも多く、
    薬局やスーパーなどでレジの列に並んでいると、順番を優先してくれます。
    もちろん他の人は文句など言いません。
  • 子供へ沢山話しかけてくれる
    マンションの管理人さん、お掃除のおじさん、おばさんなど
    みんな息子の名前を覚えてくれていつも話しかけてくれます。
    街中で話しかけられることも多いです。
  • 公園の多さ
    公園も沢山あるため、子供の遊び場が多いです。
  • ベビーカーの種類について
    抱っこ紐派より断然ベビーカー派が多く、基本的にどこでもベビーカーで行けます。
    我が家のベビーカーも大きいサイズですが、
    それよりもチリ人が使っているベビーカーの方が数倍大きいものでした。
    日本だと混雑している電車や道では、ベビーカー押しながらの肩身の狭さがありましたが、チリにきてからは、子ども連れにはみなさんとても優しいため、
    「すみません」より「ありがとう」と言うことの方が多くなりました。

チリ人について

Tamako
Tamako
最後に私が感じたチリ人の不思議についてご紹介します。
  • コーヒーの飲み方
    熱いコーヒーをストローで飲む。
    レストランでは、食事と一緒にコーヒーを出してくる。
    (コーヒーは食後に持ってきて、と言えばちゃんと食後に持って来てくれることが判明)
  • 寒さに弱い
    チリ人は寒さに弱いようで、秋で早くも手袋、マフラーを使用しています。
  • 電話が大好き
    電話が大好きチリ人。どこでも電話。飛行機内も離陸直前まで電話。
    スーパーの店員さんもWhatsAppしながらレジ打ち。
  • イヤホンが大好き
    お掃除のおばちゃんも道行く人も、みんなイヤホンで音楽。
    病院の待合い室でもイヤホン。お友達といてもイヤホン。
    でも何故か会話は成立し、自分の診察の順番はわかるみたいでとっても不思議です。
  • ベビーカーでの行動について
    エレベーターではすでに待っていた人が私たちのために先を譲ってくれたり、
    階段で困っていると通りがかりのお兄さんが手伝ってくれたことも。スタバに行ったときは、テラスにいた人がわざわざドアを開けに来てくれたり、
    お店の人が席までコーヒーを席まで運んでくれたことも。
    ちょっとした、チリ人の優しさに日々心救われています。
Tamako
Tamako
いかがでしたか?これからもチリ・Santiagoでの生活についてご紹介していきますね。
【この記事を書いた人】

Tamako (タマコ)
14年のOL生活を経て、2017年1月より3歳の息子と夫三人でチリ サンチャゴで生活中。
趣味はサッカー観戦。夫婦揃って清水エスパルスの熱烈なサポーター。ブログはこちら
Donde Nande チリ?
TamakoのLAPAOブログ記事一覧