南米ライフ

海外でのスキミング被害体験談とその後の対応について

ひなこ
ひなこ
ブラジル リオデジャネイロ在住臨床心理士・LAPAOブロガーのひなこです。

実は先日ついに!『スキミング被害』にあってしまいました!
カードのスキミング被害なんて他人事?
いえいえ、1回もないのが珍しいくらいみなさん被害に遭っています。

ブラジルはカード文化で100円からでもカードが使えます。
大きなショッピングモールはもちろん、青空市場や小さな小売り店でも
クレジットカードやデビットカードが使えます。

ただ、カードが使えて便利な反面、スキミング被害もよくあるんです。
今回は私のスキミング被害の体験談や気を付けていることをご紹介します。

また被害に遭った際のカード会社の対応事例も併せてご紹介。

この記事はこんな人におすすめ
  • 海外でのスキミング被害体験談
  • スキミングに合わないために気を付けていること
  • スキミング被害にあった際のカード会社の対応事例

スキミング被害体験談

ひなこ
ひなこ
私はクレジットカードでははく、銀行のキャッシュカードでスキミングの被害に遭いました。

被害場所は・・・なんと!『銀行』です。
銀行だからといって安心はできませんね!

被害金額は5万円程度です。
予防として銀行口座には10万円以上は入れていませんでした。

すぐに銀行に電話連絡をし、カードの再発行手続きをしました。
確認がとれれば、被害にあった金額は補償されます。

発覚の経緯
  1. いつもの銀行でお金をおろす
  2. 数時間後に隣町で銀行を変えて複数回のキャッシングがある
  3. AIがおかしいと判断し、カードがとまる

ちなみにブラジルの銀行では1日に引き出せる金額が決まっており、
いつも15,000円づつ引き出しています。

 

また、別の方のケースでは、数ヶ月に渡りアプリのゲーム等で数百円を引き落とし、見つからないと分かった瞬間に一気に高額を!といった被害もあったそうです。。

高額な引き落としがあるとわかりやすいですが、少額を複数回だとなかなか見つけにくいのが現状ですよね。

カード会社が止めてくれる場合もありますが、自分でおかしいな?と感じたら、すぐにカード会社に連絡をしましょう。

前に三越伊勢丹グループのエムアイカードでチェコの代理店で航空券を取ったらスキミングだと思われて止められました。この場合は電話ですぐ解決しました。

被害に遭いやすい場所

スキミング被害にあいやすいと推測される場所をご紹介します。

  • 大手スーパー
  • 大手銀行
  • 飲食店

つまりどこでも被害に遭う可能性があります。しかも断定が難しいです。

被害に遭わないために気を付けていること

ひなこ
ひなこ
クレジットカード被害に合わないために、ブラジル生活で私が気を付けていることをご紹介します。
  • STEP01
    現金で払えるところは現金で
     スキミングされる被害を防ぐためにできるだけ現金を使うようにしています。
  • STEP02
    暗証番号を入れるときは隠す
    どんなところであっても入力の際は隠します。銀行であっても周りから見られていないか注意しています。
  • STEP03
    いついくらどこでカードを使ったかチェックする
    メモやレシートをとっておくと良いと思います。私は家計簿をつけていてそれに全て書いているので分かりやすくチェックできます。
  • STEP04
    カードを裏に持って行きそうになったら全力で阻止
    カード決済は、基本的にテーブルの前で行ってもらいますが、もし別の場所で行われそうになった場合は、ここでやって!と言います。カードを読み取る機械(マキナ)持ってきて!と言っています。

カード会社の対応事例

スキミング被害を見つけた場合は、まずカード会社に電話にて連絡を取ります。
日本のクレジットカードを海外で使っていた際のケースを一部ご紹介します。

JALカード

日本航空のグループ会社であるJALカードはスキミング被害に遭った場合、まずは電話で連絡を行います。その際の緊急連絡先は、提携カード会社になります。盗難・紛失時も同じです。

被害状況の調査を行ってもらい、調査結果が電話にて折り返し連絡がきます。

実際にスキミング被害と判断された場合、届出書の提出の必要があります。
被害届申請書をメール等で送ってもらい返送します。
(すべてメール上での対応が可能です)

また、クレジットカード番号を変更し、新たなカードを送付してもらう場合も海外の住所に送付してもらうことが可能です。
利用明細等も毎月海外の自宅に送付をしてくれます。

ひなこ
ひなこ
私は、海外送付が不安だったため、一度国内住所に送ってもらい、一時帰国の際に引き取りを選びました。

楽天カード

楽天ショッピングで人気の年会費無料の『楽天カード
カード利用でショッピングポイントも入るので、ネットショッピングをよくする方には便利です。

楽天カードでもし不正利用があった場合、まずは電話にて連絡を行います。

緊急連絡先はこちら:+81-92-474-9256

その後、カード会社側にて被害調査を行います。
こちらの調査は時間がかかり、約1ヶ月ほどかかります。
調査結果については、日本の登録住所に書面にて送付されます。

調査結果を確認後、やはり利用に身に覚えがない!といった場合、
再度書面にて届出を提出する必要があります。
この届出書は国内の登録住所のみに送られます。

つまり、もし海外に一時的に在住でスキミング等の被害届を出す場合、
楽天カード側からのメール対応や海外に書面の送付はできないため、
国内にいる代理人(家族など)から海外住所宛に書類を送ってもらう必要があります。

また、クレジットカード再発行する場合も国内登録住所に送付されます。

さいごに・・

できるだけ被害を最小限にするために、利用明細のチェックやカード利用の際に回りを見渡したりと注意する習慣を身に付けましょう!

ちなみに日本国内の固定電話に連絡をする際は、スカイプを使っています。
とても安いし、自動チャージをしておけば、途中で切れる心配はありません。参考にしてみてくださいね。

 

この記事を書いた人


ひなこ(hinako)
リオデジャネイロ在住、駐在妻。新婚生活一年目からブラジルに住む。趣味はヨガ。臨床心理士の資格を持ち、教育現場(小学校から高校)での相談実績多数あり。現在もリオデジャネイロで専門分野を生かして活動中。